fc2ブログ

コンパクトアイランドキッチン

前の続きです!

ワンルーム用のコンパクトキッチンということですが、
今回はアイランド型で行こうと思います。
なぜアイランド型かというと、複数人で調理がしやすく
なるからです。
また、狭いワンルームでただキッチンとしての使い方だけ
ではなく、調理をしないときはテーブルや台になるような
違う使い方ができればと思いました。

しかし、これでは物足りないと思い、新たな提案として
シンクとコンロを引き出し式にしました。
これにより、キッチンの上版は真平面になってより使いやすく
なると思いました。

スケッチDSC01276.jpg
DSC01277.jpg
DSC01269.jpg
DSC01273.jpg


また、キッチン全体をキャスター式にして
水道、ガスをワンタッチプラグイン式にすることで
狭い空間での利便性を持たせようと思っています。

このキッチンの特徴としては
・コンパクトアイランド型
・シンク、コンロをビルトイン
・一部に空間を設け、カウンター機能
・下部に隙間を設け、通気性や掃除のしやすさ
・上板になにもない

問題点は
・キッチン自体の配置
・シンク、コンロをビルトインによる熱、水(湿気)の処理
・構造、剛性
・水道、ガスをプラグイン式にしたときの処理

今のところはこのようなキッチンを考えています。
まだまだ問題点はありますが、一つの提案として
さらに改良していければいいと思っています!
スポンサーサイト



キッチンの新たな提案

前の続きです!

キッチンの新たな提案と言っても新たにどういう提案ができるか
なんてすぐには浮かびません。
そこで、現状の国内キッチンメーカーの商品を二軸マッピング
をしました。これは、現状のニーズの把握と新たなニーズの発見
を目的としました。
(マッピングは国内メーカーの商品50個を対象とし、代表的なものを
大まかなグループとしました。)
マッピング

上のマッピング図から右下の領域の商品がないということに気がつきました。
この、「オープン」、「コンパクト」の領域に新たなニーズがあるのではないかと
思いました。
このことに関連して、ワンルームキッチンについて自分なりに考えることがあります。
一人暮らしなどのワンルームのキッチンはシンクや作業スペースが狭く、コンロも一口
と実際に調理をするにはあまりにも不便な環境なことがよくあります。
確かに一人暮らしではあまり調理をしないかもしれませんが、料理が好きな人や毎日
調理がしたい!という方にとってはろくに調理ができる環境ではないと思います。
本来、調理は楽しく、生活を豊かにする行為であるにも関わらず、自宅の調理環境に
よってその調理が楽しくないと感じてしまったり、それ以前に調理をしたくないとさえ
思ってしまうことがあります。それでは、キッチンとしての意味がないのではないかと
思いました。

私自身も料理は好きでよくします。現在は実家に住んでいるので、特に不自由なく
調理ができる環境にあります。(欲を言えばもう少し大きいキッチンがいいいですが、、)
しかし、友達の家(ワンルーム)に行くと、そのキッチンの狭さに驚きます。
この大きさではろくに調理ができないだろうなといつも思います。
また、先日ゼミ合宿で先生の別荘にお邪魔した際、とても広いキッチンで
これも驚きました。合宿中は実際に調理をする機会がありキッチンを使わせて
いただいたのですが、ゼミ生数人が同時に使っても不便ないほどに使いやすかったです。

ワンルームというあまり広いとは言えない空間ではしょうがないのかもしれませんが、
「キッチンはあります」という程度のキッチンでは意味がないのではないかと思いました。

人にもよりますが、一人暮らしの方でも料理がしたい!という方のために
コンパクトキッチンを考えていこうと思います。

次に続きます!

卒業研究について

こんにちは。

卒業研究として、前期の間は
主に文献調査や事例調査を行って
きました。
その中で、台所の歴史や在り方、
現状のキッチンについて多少なりとも
知ることができました。

現在の日本のキッチンに求められているもの、
それはなんなのかと言われると
答えはなかなかでないような気がします。
一般的(これは今に始まったことではないですが)
には、広くしてほしい、使いやすくしてほしい、
掃除をしやすくしてほしい、収納スペースを多くして
ほしいなどがあると思います。
しかし、これらの要望はいつになってもつきまとう問題
ではないのかと思っています。
これらの問題を全部解決したキッチンの提案が本当に
いいキッチンの提案なのか、、と思いました。

そこで、先生もおっしゃっていましたが、
10年、20年先の新たなキッチンの提案を考えてみることに
しました。
後期は手を動かし、研究の成果に繋がることをしていきます。

次に続きます!

キッチン

こんばんは。

「キッチン」についてなにかできないかということで
キッチン(台所)について調べています。
歴史や戦後の変遷についてですね。
この前は、「台所空間学」を読みました。



日本においては、第二次世界大戦を機に台所空間が激しく変化しています。
この変化を追っていく中で、台所についてとても興味が湧きました。

しかし、現在はシステムキッチンがある所を台所と言っていますね。
ということは、システムキッチンが今でいう台所の核なのではないかと。。。
そこで、戦後から日本の台所空間やキッチンを支えてきたキッチンメーカーについても調べてみようと思います。

システムキッチンの始まり、生活文化の移り変わりによって
キッチンのエンドユーザーのニーズがどのように変化して
いったのか、
範囲を戦前から現在までに絞って調べてみようと思います。

それでは!

卒業研究

こんばんは。

やっと卒業研究の方向性が決まりました。
少しですが、、、

いろいろ考えた結果、とりあえず何か始めてみよう
ということで、「キッチン」について研究を進めて
いこうと思っています。
まだ研究の対象物が決まっただけで、テーマが決まったわけでは
ありません。
でも、なにか調べているうちに浮かぶかもしれないですね。

とりあえず、キッチンの歴史などから調べたり
書籍を読んでいこうと思います!

それでは!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる